ユリノキのパーフェクトすきゅーぶ教室

この記事はSpeedcubing Advent Calendar 2020 - Adventar 13日目の記事です。※本編ではありません。暫く冗談にお付き合いください。みんな~!ユリノキのすきゅーぶ教室始まるよー☆下のようなソルブを目指して、頑張っていってねー! ~用語説明~ ・Sledge hammer(スレッジハンマー)/Hedge slammer(ヘッジスラマー)   Skewbの基本的な指使い。4手で解けるCLL。 ・Sarah Method(セラメソッド)   Skewbで最もスタンダードな初心者用解法。一面完成後からスレッジ/ヘッジのみで揃えるのが特徴。 ・CLL(シーエルエル)   完全一面から完成まで揃える134パターンの総称。NS2.0、Sarah上級、KKなど、名前が違うだけで内容が同じ解法が多く存在するため、このブログでは「CLL」と定義する。 ~Skewbの揃え方~①一面を揃えます。このとき8手以上回してはいけません。なるべく6手以内で揃えましょう。②「CLL」の手順を回し、完成させます。みんな~ちゃんと解けましたか?シンプルで良い解法でしたね!今年はこれで終わりたいと思います!また来年お会いしましょう~ではでは~~~テレッテレッテレッテレッテッテテッテッテッテレン、ヒュー! おふざけにお付き合いいただきありがとうございました・・・ネタが分からなかった人はチルノの有名な曲を聴いてみてください・・・ここからが本編になります。…

続きを読む